お金が必要ならキャッシングを利用しよう|キャンペーンを利用すべし

住宅ローンを借りる時

男の人

固定金利か変動金利か

超低金利時代と呼ばれている現在ですが、今がチャンスと思い、住宅購入を考える人は多いです。住宅を購入する際に、一般的には住宅ローンを組みます。ここで、どの住宅ローンを借りるか選択する事になります。まず、一つ目の選択は「変動金利で借りる」か、「固定金利で借りる」かです。変動金利は住宅ローン契約時の金利でみれば、固定金利より低い金利で借りることができます。ただし、変動という言葉通り、5年に1回金利が見直され、金利が上昇することがあります。また、逆に金利が下がることもあります。それに対して、固定金利は住宅ローン契約時の金利でずっと支払うことになります。この為、変動金利が上昇して、ローンの支払に困る可能性はありますが、固定金利は安定した金額を毎月支払う安心感があります。この固定金利にも2種類あります。それは、各銀行の固定金利住宅ローンとフラット35です。各銀行に借りる固定金利の住宅ローンは字のままですが、フラット35というのは独立行政法人の住宅金融支援機構が貸し出すものになります。このフラット35にも更に種類があり、フラット35とよばれるものとフラット35sがあります。この「s」がついたフラット35sとは、購入する住宅が省エネルギーであったり、バリアフリー対策など基準を満たし優良住宅を満たした住宅に適用されます。このフラット35sですと、実際の金利より一般の金利より、-0.3%の金利優遇を受けることができます。また、このフラット35sを借りたい時にどうするかというと、実際に住宅金融支援機構まで出向かなくても、フラット35を取り扱っている銀行に、借り入れ申し込みをして、審査に通れば借りることができます。

PICK UP

信頼できる業者を選ぶ

男の人

カードローンを利用するのであれば、信頼性が高く低金利の大手消費者金融や銀行を選ぶことがおすすめです。申込み方法はインターネットが便利で24時間いつでも好きな時間を利用して手続きが行えます。身分証明書が必要ですので、手続きの際は免許証などを用意しておきましょう。

詳しく見る

気軽な利用が可能

貯金箱

消費者金融では、消費者のための貸金サービスが提供されています。銀行の貸金サービスと比較すると、審査に通過しやすく気軽に利用できる点が長所とされています。金利は高めですが、利息制限法で決められた上限を超えない程度のものとなっています。また総量規制により、借り入れ金額は年収の3分の1までとされています。

詳しく見る

住宅ローンを借りる時

男の人

住宅ローンを借りる時にフラット35sを借りることができます。このフラット35sとは、独立行政法人の住宅金融支援機構から借ります。ただし、条件があり省エネルギーやバリアフリー対策などの基準に適合し、優良住宅として認定される必要があります。その代わり、-0.3%の金利優遇を受ける事ができます。

詳しく見る

お金を賢く借りる方法

財布

融資の上限額や金利水準にも注目して、大阪の消費者金融一覧表の中から、最適な業者を選ぶのがポイントです。大手業者のサービスは初めての人も利用しやすく、複数の消費者金融からお金を借りている場合には、一社にまとめるのが理想的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 お金が必要ならキャッシングを利用しよう|キャンペーンを利用すべし All Rights Reserved.